石上としお 参議院議員 民進党参議院比例区第13総支部長

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

国会質問

2017年5月アーカイブ

2017年5月30日(火) 経済産業委員会 「一般質疑」(新産業構造ビジョン(IoT・AI・ビッグデータ・ロボット)、診療報酬改定に伴うレセプト・コンピュータ改修、「相談役・顧問の役割明示」を掲げた経産省CGS研究会報告書、会計基準における「のれん」の扱い(償却、減損テスト)、企業が外資系になっても労使関係の安定化(外資系労組)に資する国の各種施策、ルネサス経営再建で得た教訓・反省、「企業実証特例制度」の取組その後、「装置産業」における過重な電気料金・再エネ賦課金の将来展望)

ishigamitoshio.com

***************

【質問構成】

<1.「新産業構造ビジョン」の策定>
<2.コーポレート・ガバナンスの在り方>
<3.我が国半導体産業の国際競争におけるイコールフッティング・巻き返し戦略>

20170530経済産業委員会「一般質疑」質問要旨(3枚)【石上俊雄事務所作成】

20170530経済産業委員会「一般質疑」配付資料(6枚)【石上俊雄事務所作成】

***************

<1.「新産業構造ビジョン」の策定(IoT・AI・ビッグデータ・ロボット等)について>

ishigamitoshio.com

***************

問1:(対経済産業省 田中茂明 経済産業政策局担当審議官)
 今月5/18開催の産業構造審議会で、経産省は「新産業構造ビジョン」の骨子を、また昨日はその本体を示したが、狙いや柱立て、課題に対するアプローチ等はどの様なものか。また、法改正など今後の展開をどう考えているか。報道では、産業の新陳代謝を狙った「産業競争力強化法」、ビッグデータの売買・共同利用を可能とする「不正競争防止法」、特許の濫訴(いわゆるパテント・トロール)防止を目指した「特許法」の改正を検討とのことだが、現状の見通しはどうか。

***************

ishigamitoshio.com

【前段】骨子の戦略分野③「健康維持・生涯活躍」関連。レセプト情報など医療介護ビッグデータは社会保障費抑制や健康増進に活用可能。ただ問題は前段、IT業界の深刻な残業。

***************

【診療報酬改定に伴うレセプト・コンピュータ改修の短期集中的作業の課題解決について】

ishigamitoshio.com

問2:(対厚生労働省 濵谷浩樹 大臣官房審議官(医療介護連携担当))
 来年H30年度は「診療報酬」「介護報酬」の同時改定。特に診療報酬改定に伴うレセプト・コンピュータ(レセコン)改修は毎回、作業があまりにも短期集中的(改定内容の公表から施行まで約1ヶ月半)、また診療で日中できない作業もあり、現場は深夜徹夜作業の連続。典型的な「IT業界の残業問題」の一つで、改善要望は長年出ている。にもかかわらず一向に改善・改革が進まないのはなぜか。診療報酬改定の流れが、内閣の予算編成に始まり、社会保障審議会や中医協等の審議を経る必要があるのは分かるが、例えば、改定内容の曖昧さやシステム構築にそぐわない算定ロジックをなくす、また、改定後最初の請求時期を延期するなど、改定対応の作業期間を確保するために何らかの有効な措置を行うべきではないか。

ishigamitoshio.com

***************

【コンセプト乱立・どの旗で何を目指す?:第四次産業革命、CPS、Society5.0、そして・・・】

ishigamitoshio.com

問3:(対世耕弘成 経済産業大臣)
 ヴァーチャルなIT業界に限らず、モノづくり等リアルな産業も"つながって価値創造"が目指すべき姿であるのは疑いない。新コンセプト「Connected Industries」も今回初登場。しかし既に、IoT、第四次産業革命、CPS(サイバー・フィジカル・システム)、IVI(インターネット・バリュー・チェーン・イニシアティブ)、経団連が広める「Society5.0」などコンセプト乱立で食傷気味。ドイツは「インダストリー4.0」、中国は「中国製造2025」と一本化、国際的知名度も高い。我が国はどの旗印でいかなる勝負をイメージしているのか。広報・メッセージ戦略的にまだ的が絞れていない印象があるが大臣の所見・本気度を伺いたい。

ishigamitoshio.com

***************

<2.コーポレート・ガバナンスの在り方(長期的企業価値増大のための経営の仕組み)>

【前段】この20年、日本企業の稼ぐ力は低迷、株価に表れる企業価値は国際的に一人負け。企業の中長期的な価値向上を図る「経営の仕組み」改革に国を挙げて取り組むべきだ。

***************

【「相談役・顧問の役割明示」を掲げた経産省「CGS研究会」報告書について】

問4:(対世耕弘成 経済産業大臣)
 経産省は今年3月、コーポレート・ガバナンス改革に関する報告書「CGS研究会報告書」を取りまとめ、その中で「社長・CEO 経験者を相談役・顧問として会社に置く場合には、自主的に、社長・CEO 経験者で相談役・顧問に就任している者の人数、役割、処遇等について外部に情報発信することは意義がある。産業界がこうした取組を積極的に行うことが期待される。」と明記した。こうした内容を必要とする企業の現状や社会背景、今後の具体化策、また、その他報告書のポイント等について大臣のお考えを伺いたい。

ishigamitoshio.com

***************

【各国・各企業が採用する会計基準における「のれん」の扱い(償却、減損テスト)について】

ishigamitoshio.com

問5:(対金融庁 古澤知之 総務企画局審議官)
 企業の合併や買収(M&A)は世界の趨勢。我が国でも大型案件が増加。買収価格は正味の企業価値である純資産を超えることが多く、超過分はいわば「ブランド力」「将来性」で、会計上「のれん」として無形固定資産に分類される。日経新聞の集計では2016年末で「のれん」総額は過去最大の29兆円、買収先の業績悪化に伴う減損リスクも潜在的に拡大中。問題はこの「のれん」の扱いが各国・各企業の採用する会計基準で異なっていること。国際会計基準IFRSや米国基準では非償却。一方、日本の基準では「20年以内の規則償却」(経団連「のれんの会計処理に関するアンケート」では「償却+減損」支持が回答の9割以上)。「のれん」処理は各々どの様な考え方で、長所短所は何か。また日本としてどうあるべきか、企業会計審議会の議論・方向性や各国動向などについて教えて欲しい。

ishigamitoshio.com

***************

【企業が外資系になった場合でも労使関係の安定化(外資系労組)に資する国の各種施策について】

問6:(対厚生労働省 土屋喜久 大臣官房審議官(労働条件政策担当))
 我が国では外資による日本企業買収に抵抗感がある。しかし雇用の維持促進や生産性向上効果もあり、政府は対日直接投資の促進を成長戦略に掲げている。一方、忘れがちなのは、そこで働く人の雇用の安定性。ひとたび外資系になれば、管理職の指示は英語、労組交渉は国境をまたぎ、交渉スタイル一変も珍しくない。「権限のない日本の総務→米国の総務→米国の経営会議」と流れ流れて伝わる形となることも多い。また雇用法制の概念が全く違って、理解させるのを諦めてしまう場合もあると聞く。外資系化で起きる労使関係の問題はどの様なものと把握しているか。また外資系になった場合でも労使関係の安定化に資する国の施策や行政サービス、例えば英語や中国語で書かれた労働法制の冊子やQ&A提供等、どの様なものがあるか。外資系企業増加の中、そうした施策・サービスが一層必要と考えるがどうか。

ishigamitoshio.com

***************

<3.我が国半導体産業の国際競争におけるイコールフッティング・巻き返し戦略について>

***************

【ルネサス経営再建で得た我が国半導体産業が目指す方向性と構造改革に対する教訓・反省について】

問7:(対世耕弘成 経済産業大臣)
 経産省所管の官民ファンド・産業革新機構が7割出資して経営再建に取り組む半導体大手ルネサスエレクトロニクスは今月18日、約2割の株式売却を発表、ついに「再建完了」「自立経営へ」と報じられた。ここまで道のりは険しく、「事業の選択と集中」「構造改革」を掲げ、不採算事業から撤退(工場数は国内外30が16に半減)、また当初4万8千人の従業員は6割減、3万人近くが社を去った。その結果2015年3月期に設立以来初の最終黒字、翌年には3500億円で攻めのM&A(アナログ半導体大手インターシル買収)、そして今回の株式売却発表に漕ぎ着けた。このルネサス再建を通して得た我が国半導体産業の課題や問題点、目指すべき方向性について大臣はどう整理しているか。また、2012年12月の支援決定からの厳しい構造改革を、働く者の目線で考えると、いかなる教訓や反省をお持ちか伺いたい。(※外部の資本注入を受けてからでは全てが手遅れ。旧経営陣は一掃、従業員は身を切る施策を受け入れるしかない。大勢が会社を去ることになった重い事実をどう考えるべきか。)

ishigamitoshio.com

***************

【半導体「企業実証特例制度」の取組その後(規制改革)とその貫徹の必要性について】

ishigamitoshio.com

問8:(対経済産業省 住田孝之 商務流通保安審議官)
 3年前(2014年1月)、産業競争力強化法に基づく「企業実証特例制度」で半導体分野の「ガス容器の先進的検査方法の導入」が申請され、特例だけでなく国内一般化も視野に、実証の取組が開始された。従来の日本の検査では法令で「高純度化が必要なガス容器だが水を入れる水圧検査」が義務付けられ、高信頼性だが期間・コストが極めて大。一方、競争相手の欧米韓台は短期・低コストの「ガス容器に水を入れない外部からの超音波・音響検査」を導入済み。以前予算委で質問したが、この規制改革の取組はその後どうなったか。中小型容器では予定通り完了・告示改正の見通しである一方、経済効果大の大型容器の検査では問題発生と聞くが、国際競争力のイコールフッティングの観点からも当初通り規制改革を目指し、国は全面支援・改革断行に全力を尽くすべきと考えるがどの様な認識で今後の計画はどうか。

ishigamitoshio.com

***************

【我が国「装置産業」における過重な電気料金、特に増大する再エネ賦課金の将来展望について】

問9:(対世耕弘成 経済産業大臣)
 半導体を始めとする我が国の「装置産業」は国際的に多くのハンディを背負っているが、中でも電気料金の負担は国際的にも重すぎる(米韓の倍以上)。そればかりか近年、FIT法の「再エネ賦課金」が当初見通しから大きく乖離し、今後も高止まる可能性が指摘される(エネルギーミックス22-24%達成に向け、2030年買取総額目標は3.7-4兆円。単純計算で3.9円/kwhにも)。その結果、半導体工場1カ所で再エネ賦課金が年間数十億円、遠からず百億円突破という悪夢も現実味を帯びてきた。こうした異常事態は我が国産業界の国際競争力の低下防止の観点から回避すべきと考えるが、大臣はどのような認識か。再エネ普及はできる限り少ない負担金で目指すべき。また、変動著しい再エネを系統に流し込むだけでなく家庭用蓄電池の普及など本質的な施策も検討すべきと考えるが、大臣の所見を伺いたい。

ishigamitoshio.com

***************

以上

答弁者:世耕弘成 経済産業大臣、松村祥史 経済産業副大臣、井原巧経済産業大臣政務官、経産省: 田中茂明経済産業政策局担当審議官、住田孝之商務流通保安審議官、吉本豊商務情報政策統括調整官、藤木俊光省エネルギー・新エネルギー部長、厚労省:濱谷浩樹大臣官房審議官(医療介護連携担当)、土屋喜久大臣官房審議官(労働条件政策担当)、金融庁:古澤知之総務企画局審議官

***************

【配布資料集】

ishigamitoshio.com

***************

ishigamitoshio.com

***************

ishigamitoshio.com

***************

ishigamitoshio.com

***************

ishigamitoshio.com

***************

ishigamitoshio.com

***************


***************

【関連資料ファイル】

20170530経済産業委員会「一般質疑」質問要旨(3枚)【石上俊雄事務所作成】

20170530経済産業委員会「一般質疑」配付資料(6枚)【石上俊雄事務所作成】

以上

2017年5月25日(木) 経済産業委員会 「企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律の一部を改正する法律案」審議・附帯決議

ishigamitoshio.com

*************

企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議

平成二十九年五月二十五日
参議院経済産業委員会

 政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。

一 地域の特性や強みを生かした地域経済牽引事業を促進するため、成長が期待される地域の中核事業の特定等に必要な情報提供や助言のほか、海外展開等様々な分野の専門人材の育成・派遣を行う等地方公共団体に対する支援の一層の充実強化に努めること。また、業種横断的な取組が適切かつ円滑に実施されるよう、関係府省庁間において一層緊密に連携を図ること。

二 地方公共団体の基本計画において、地域の特性を生かした多様な事業分野が対象とされるよう周知するとともに、地域経済牽引事業促進協議会の枠組みが有効に機能するよう促すこと。あわせて、地方公共団体の計画立案負担の軽減を図ること。また、計画の実施による地域への経済的効果等について、適切な指標に基づく検証を継続的に実施し、必要に応じて各種支援策の強化等を行うことにより、計画の実効性確保に努めること。

三 重点促進区域の設定及び土地利用の調整に係る配慮事項として、国が定める基本方針において、市街化区域内など農用地区域外での開発を優先すること及び土地利用調整区域に農地が含まれる場合には農業上の効率的な利用に支障が生じないようにすることを明記すること。

四 地域における人材やノウハウが不足している中で、産学官金等が連携して支援することが重要であるこ
とに鑑み、地域経済牽引支援機関による連携支援事業が有効に活用されるよう、内外の優良事例の周知を始め支援の充実に努めること。また、創業及び新事業展開を含め、地域経済牽引事業に対する積極的な資金供給が行われるよう、地域金融機関等による地域密着型金融の取組等を一層推進すること。

 右決議する。

*************

ishigamitoshio.com

*******

ishigamitoshio.com

*******

ishigamitoshio.com

*******

ishigamitoshio.com

*******

以上


2017年5月22日(月) 決算委員会 「平成27年度予備費関係二件」 討論(平成二十七年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その1)及び(その2))

ishigamitoshio.com

■財務省ホームページ
「平成27年度決算の説明」予備費より

*************

【内容構成】

<1.反対討論イントロ>
<2.平成27年度の安倍内閣の政治姿勢3事例>
<3.内閣に与えられた裁量を大きく逸脱した予備費>

*************

ishigamitoshio.com

■財務省ホームページ
「平成27年度決算の説明」予備費より

*************

【反対討論】

平成27年度予備費関係二件に対する討論

*************

<1.反対討論イントロ:国会で審議した上で支出するべき内容ではないか>

 民進党・新緑風会の石上俊雄です。私は、会派を代表して、平成27年度予備費関係二件について、反対の立場から討論を行います。

 平成27年度予備費においては、一部必要と思われるものも含まれていますが、その大部分は本来であれば当初予算や補正予算で対応すべきものばかりです。特に、使用額の半分以上を占める「消費税の軽減税率制度の円滑な導入・運用に必要な経費」については、国民生活に直結する大きな制度変更に伴い必要となる費用であり、必要性及び制度そのものの是非について、国会で審議した上で支出がなされるべきものです。

*************

<2.平成27年度の安倍内閣の政治姿勢3事例(財政民主主義の原則に沿うべき)>
 
 平成27年は、安倍内閣が野党各党からの度重なる臨時国会の召集要求を無視するという暴挙に出た年でありました。このような安倍内閣の国会軽視の姿勢が、本来は国会の審議を経た上で支出すべき費用についても予備費で支出せざるを得ない要因となったといえます。
 
 また、27年は安保法制の審議のために通常国会が大幅に延長された年でもありました。予備費のうち、「自衛隊の部隊が実施するソマリア沖・アデン湾における海賊対処行動に必要な経費」等については、まさに安全保障に関するものであり、その支出の必要性については、国会において、丁寧な説明と審議がなされるべきものであったはずです。

 さらに、「選挙年齢の引下げに伴う新たに有権者となる主権者等への教育等及び選挙人名簿システムの改修に必要な経費」など、我が国の在り方に関わる諸施策であり、既に関連法案が成立していて支出が予測される費用についてまで、国会の審議を経ることなく、予備費として支出するという安倍内閣の姿勢は、まさに国会軽視そのものであり、財政民主主義の原則を否定するものです。

*************

<3.内閣に与えられた裁量を大きく逸脱した予備費に反対>

 予備費とは、予見しがたい予算の不足に充てるための経費として、予算成立後において歳出に計上された既定経費に不足を生じたりした場合に、内閣の責任において支出するものであり、その必要性は認識していますが、安倍内閣により27年度予備費として支出された費用の多くは、内閣に与えられた裁量を大きく逸脱したものであり、改めてこのような予備費の支出には反対であることを申し上げ、討論を終わります。

*************

以上

1|2|3|

« 2017年4月 | 国会質問 トップへ | 2017年6月 »

文字のサイズ

文字サイズ・小 文字サイズ・中 文字サイズ・大