石上としお 参議院議員 民進党参議院比例区第13総支部長

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

質問主意書他

【答弁書】『我が国製造業を担う人材の確保・育成に関する質問主意書』に対する答弁書が閣議決定


***********
答弁書第一五号
*******************************************
『我が国製造業を担う人材の確保・育成に関する質問主意書』に対する答弁書
*******************************************

ishigamitoshio.com

 昨年提出した、「イノベーション創出のための研究開発等環境整備に関する質問主意書」(第百八十九回国会質問第二一五号)に対する答弁書(内閣参質一八九第二一五号)が閣議決定されてから、約一年が経過している。この間の我が国製造業を担う人材の確保・育成に関する取組みを踏まえ、以下のとおり質問する。

一 「モノづくり」から「モノ・コトづくり」に対応した人材育成について

(問1)
 これからの我が国の産業活性化には、「モノづくり」だけでなく「モノ・コトづくり」が必要とされ、既存の技術やシステムを新たに組み合わせたサービスの創造や、そもそも全く新しい着想からの実用化を促進する環境が重要となっている。具体的には、IoT・ビッグデータ・人工知能・ロボティックス等の利活用がより一層深化・進展し、産業構造がいわゆる「アナログ型・ハードウェアリッチ型」から「デジタル型・ソフトウェアリッチ型」へと大規模に変化し、ソフトウェアの重要性が今まで以上に増大しているのである。
 
 このパラダイムシフトのまっただ中、技術者は自らの専門領域に閉じこもるのではなく、隣接分野や異業種・異分野の技能・知識を自ら積極的に求めていく姿勢が様々な場面で強く求められている。国としても、我が国製造業の国際競争力強化の観点から、ハードとソフトの両面に通じる人材育成を推進し、また、他分野・異分野の技術者や専門家等とも広範に交流ができる機会や場の整備を支援するべきと考えるが、政府の見解及び取組みを明らかにされたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(安倍内閣の回答1)
 様々な物にセンサ等が埋め込まれ、収集された多量の情報がインターネットでやり取りされるいわゆるIoTをはじめとする新たな技術革新の出現により、製造業のビジネス環境が変化しており、我が国の製造業の競争力を高めていくためには、その製品に関連するソフトウェアでも付加価値を生み出すこと及びそのための人材を育成していくことが必要であると認識している。政府としては、生産現場における新たな技術を利用した制御システムの保守及び管理並びにソフトウェアの開発に関する技術及び技能等を習得するために開発された「スマート生産サポート科」のカリキュラムに基づいた職業訓練を職業能力開発促進センターにおいて実施している。また、製造の現場の経験が豊富な人材がIoTやロボットの導入に関する知見を学び、IoTやロボットの導入に詳しい人材が製造の現場の改善手法を習得するための研修等を行う「スマートものづくり応援隊」事業において、異なる分野の専門技術を学び、交流する機会を提供することとしており、今後も引き続きこうした取組を進めてまいりたい。

ishigamitoshio.com

経済産業省・産業構造審議会「新産業構造ビジョン~第四次産業革命をリードする日本の戦略~」(平成28年4月27日)

*******************************************

二 熟練者から若手への技能伝承について

(問2)
 我が国の製造現場では大半の場合、若手が少なく、中堅が分厚いという従業員の年齢構成の歪み問題を抱えており、高度な熟練技能・技術の保有者から若手への技能伝承は、企業の大小にかかわらず、喫緊の課題となっている。実際には、こうした「匠の技」を自動化せざるを得ない状況も多く発生しているのと同時に、この自動化を行う人材すら現場では不足しているというのが実情である。この構造的問題を打破し、技能職人材の高度化を図る観点からも、工業高等学校や工業高等専門学校等の若手育成に向けた環境整備に対する支援を強化するべきと考えるが、政府の見解及び取組みを明らかにされたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(安倍内閣の回答2)
 熟練技能者の技術・技能を分析し、それを承継し発展させていく人材を育成する上で、工業系の学科を設置する高等学校や高等専門学校等における職業教育を充実することは重要な課題であると認識している。このため、文部科学省においては、工業系の学科を設置する高等学校等の中から、先進的な取組を行う高等学校を指定し、その調査研究の成果を全国的に普及させることを目的とした事業である「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」事業等を実施している。また、同省においては、工業系の学科を設置する高等専門学校について、ロボットに係る技術など人材育成が喫緊の課題である分野における取組や、高等専門学校と地域の企業や地方公共団体が連携して行う教育の取組に対する支援等を実施している。引き続き、工業系の学科を設置する高等学校や高等専門学校等における職業教育の充実を通じて、専門的職業人の育成に努めてまいりたい。

ishigamitoshio.com
■文部科学省HP
「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」

*******************************************

質問  第一五号(人材の確保・育成)
答弁書 第一五号(人材の確保・育成)

【答弁書】『我が国製造業の事業環境改善に資する税制・経済連携に関する質問主意書』に対する答弁書が閣議決定


***********
答弁書第一六号
*******************************************
『我が国製造業の事業環境改善に資する税制・経済連携に関する質問主意書』に対する答弁書
*******************************************

ishigamitoshio.com

********************

 昨年提出した、「海外で売れるモノづくり体制の構築に関する質問主意書」(第百八十九回国会質問第二一六号)に対する答弁書(内閣参質一八九第二一六号)が閣議決定されてから、約一年が経過している。この間の我が国製造業の事業環境改善に資する税制・経済連携に関する取組みを踏まえ、以下のとおり質問する。

一 他国との経済連携協定の促進について

(問1-1)
 EPA、FTA等外国との経済連携は、輸出入時の関税だけでなく、労働基準や投資、知的財産に関するルール等、企業活動や投資に関する共通のルールづくりの場としても有効である。このような公平な貿易条件の確立に向けての取組みを今後もより一層推進するべきと考えるが、政府の見解及び取組みを明らかにされたい。

 ⇨回答は、問1-1、2を併せて

(問1-2)
 中核的労働基準や環境条項の遵守、また、安易な人の移動の制限等をEPA、FTA等外国との経済連携の取組みの中に反映させるべきと考えるが、政府の見解及び取組みを明らかにされたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(安倍内閣の回答1-1、2)
 政府としては、経済連携協定に関する交渉に当たっては、労働、環境等を含む幅広い分野で新たなルールを形成することを重視して、取り組んでいる。こうした取組の一つとして、平成二十八年二月四日には環太平洋パートナーシップ協定の署名が行われた。同協定は、物品市場アクセスだけではなく、サービス、投資、政府調達等の市場アクセス、知的財産、電子商取引、国有企業、労働、環境等、幅広い分野で新たなルールを構築するものである。
 
 今後も、御指摘の点も踏まえながら、日EU経済連携協定、東アジア地域包括的経済連携、日中韓自由貿易協定等の経済連携に関する交渉において、国益にかなう最善の道を追求してまいりたい。
 
********************

ishigamitoshio.com
■そもそも次期・米国新大統領はどちらもTPP反対?
秋の臨時国会の審議はいかに・・・

********************

ishigamitoshio.com
■内閣官房・TPP政府対策本部HP
TPP分野別ファクトシート:「労働分野」

*******************************************

二 研究開発及び設備投資の促進支援について

(問2)
 我が国製造業の国際競争力向上の観点から、継続的な設備投資や研究開発投資は極めて重要である。それらを促進する税制は、法人減税の代替財源にしてしまうのではなく、逆に、我が国製造業の稼ぐ力をより強化し、ひいては国内雇用の安定に資するため、より一層の充実を図るべきと考えるが、政府の見解及び取組みを明らかにされたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(安倍内閣の回答2)
 租税特別措置については、特定の政策目的を実現するために有効な政策手法となり得る一方で、税負担のゆがみを生じさせる面があることから、必要性や政策効果を見極めて、真に必要なものに限定していくことが重要であると考えている。また、平成二十七年度及び平成二十八年度税制改正において、成長志向の法人税改革として、租税特別措置の見直しを含めた課税ベースの拡大等と法人実効税率の引下げを行ったところであるが、これは、法人課税をより広く負担を分かち合う構造へと改革し、稼ぐ力のある企業等の税負担を軽減することにより、企業に対して、収益力拡大に向けた前向きな投資や、継続的・積極的な賃上げが可能な体質への転換を促すものであると考えている。 

ishigamitoshio.com

財務省「成長志向の法人税改革:法人実効税率「20%台」の実現」

*******************************************

質問  第一六号(税制・経済連携)
答弁書 第一六号(税制・経済連携)


【答弁書】『東京電力株式会社福島第一原子力発電所の廃炉作業等に関する質問主意書』に対する答弁書が閣議決定

ishigamitoshio.com
■廃炉工程の大まかな流れ(デブリ取り出し)

デブリ・・・冷却材の喪失により原子炉燃料が溶融し、原子炉構造材や制御棒と共に冷えて固まったもの。燃料デブリともいう。圧力容器内のみならず格納容器下部にまで広範囲に存在していると推測されている。

ishigamitoshio.com
■建設当時の様子

********************

ishigamitoshio.com
■溶融した核燃料はどこに、どの様な状態で存在するのか?

ishigamitoshio.com
■燃料デブリをどのような方法で回収・処分すべきか?


***********
答弁書第一七号
*******************************************
『東京電力株式会社福島第一原子力発電所の廃炉作業等に関する質問主意書』に対する答弁書
*******************************************


 昨年提出した、「東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故への対応に関する質問主意書」(第百八十九回国会質問第一九五号)に対する答弁書(内閣参質一八九第一九五号)が閣議決定されてから、約一年が経過している。この間の東京電力株式会社福島第一原子力発電所の廃炉作業等を踏まえ、以下のとおり質問する。

ishigamitoshio.com
■1979年の米国スリーマイル島原発事故より遥かに深刻

********************

(問1)
 国は、東京電力株式会社(福島第一廃炉推進カンパニー)と緊密に連携し、着実に廃炉作業・汚染水対策を実施するべきと考えるが、政府の見解及び取組みを明らかにされたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(安倍内閣の回答1)
 東京電力ホールディングス株式会社(以下「東京電力」という。)の福島第一原子力発電所(以下「福島第一原発」という。)の廃炉・汚染水対策については、東京電力、政府、原子力損害賠償・廃炉等支援機構、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(以下「日本原子力研究開発機構」という。)等の関係者が、各々の役割に基づき、連携を図り、必要な取組を進めていくことが重要である。政府としては、廃炉・汚染水対策チーム会合の事務局会議の場等も活用し、「東京電力(株)福島第一原子力発電所の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ」(平成二十七年六月十二日廃炉・汚染水対策関係閣僚等会議決定)(以下「中長期ロードマップ」という。)に記載した各種対策が着実に実施されるよう進捗管理を行うとともに、技術的難易度が高く、国が前面に立って取り組む必要がある研究開発については、財政措置を進めることとしている。

廃炉・汚染水対策関係閣僚等会議「東京電力(株)福島第一原子力発電所の 廃止措置等に向けた中長期ロードマップ」(平成 27 年6月12日)

*******************************************

(問2)
 国は、廃炉作業に従事する者について、健康管理・安全性確保を重視する体制をより一層充実させ、作業にあたってのベストプラクティスを電力会社やメーカー等関係諸機関との間で共有するべきと考えるが、政府の見解及び取組みを明らかにされたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(安倍内閣の回答2)
 福島第一原発の現場で働く作業員の労働環境の改善は重要であり、これまで、東京電力、元請事業者及び関係請負人との間で、過去の労働災害に加え、被ばく低減対策の情報を共有するなど、適切な労働環境の実現に向けて東京電力等への指導等を行ってきたところである。
 
 政府としては、中長期ロードマップに沿って、東京電力、元請事業者及び関係請負人によるリスクアセスメントの実施、東京電力等による体感型教育訓練施設の活用、現場巡視の強化等を図るとともに、「「東京電力福島第一原子力発電所における安全衛生管理対策のためのガイドライン」の策定について」(平成二十七年八月二十六日付け基発〇八二六第一号厚生労働省労働基準局長通達)に基づき、東京電力等に対して指導を行うこと等により、引き続き、労働環境の改善を図ってまいりたい。

厚生労働省労働基準局長「「東京電力福島第一原子力発電所における安全衛生管理対策のためのガイドライン」 の策定について」(平成27年8月26日)

*******************************************

(問3)
 国は、廃炉作業を進めるにあたり、徹底した情報公開を通じて周辺住民を始めとする国民の不安払拭により一層努めるべきと考えるが、政府の見解及び取組みを明らかにされたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(安倍内閣の回答3)
 福島第一原発の廃炉・汚染水対策を進めるに当たっては、国民に対して、安全対策の取組、作業の進捗状況等を適切に伝えることが重要であり、これまで、政府としては、経済産業省のホームページ等を通じた情報公開や、パンフレットの配布等による情報発信に取り組むとともに、モニタリングデータの全数公開など適切な情報公開について東京電力への指導等を行ってきたところである。引き続き、適切な情報公開に必要な取組を進めてまいりたい。


*******************************************

(問4)
 国は、廃炉工程で必要となるロボット技術やデータ解析等の研究開発を財政的にも後押しするのと同時に、これら先進技術を利活用できる人材を育成し、我が国のみならず、広く国際貢献も視野に入れた廃炉技術確立を推進するべきと考えるが、政府の見解及び取組みを明らかにされたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(安倍内閣の回答4)
 政府としては、廃炉・汚染水対策について、技術的難易度が高く、国が前面に立って取り組む必要がある研究開発については、財政措置を進めることとしている。
 
 人材育成については、三十年から四十年程度掛かると見込まれている廃止措置等を実施していくため、中長期的な視点での計画的な人材育成に取り組むこととしている。具体的には、産学官の共同研究や産学官ネットワークの構築・強化といった研究活動の活性化や、人材育成につながる取組について、政府や日本原子力研究開発機構が支援を行っている。
 
 また、福島第一原発の事故を起こした我が国として、福島第一廃炉国際フォーラム等を通じて、国際社会に対し、研究開発の成果等の積極的な情報発信を行い、国際社会に開かれた形で廃止措置等を進めることとしている。

ishigamitoshio.com
■開催:平成28年4月10日(日)~11日(月)
■場所:スパリゾートハワイアンズ ラピータ
(福島県いわき市)


********************

ishigamitoshio.com

********************

ishigamitoshio.com
■高所用除染装置「スーパー・ジラフ」(キリン)
@2015国際ロボット展(東京ビッグサイト)

********************

ishigamitoshio.com

********************

ishigamitoshio.com
■原子炉格納容器内部調査装置「サソリ型ロボット」
@IRIDシンポジウム2016 in 東京(東京大学)

********************

ishigamitoshio.com

********************

ishigamitoshio.com
■原子炉格納容器内部調査装置「形状変形型ロボット」
@ロボットフェスタふくしま2015
(ビッグパレットふくしま/福島県郡山市)

********************

ishigamitoshio.com

********************

参考資料①「IRIDシンポジウム2016 in 東京~廃炉の未来を担う~」(2016.08.04)」

参考資料②「IRIDシンポジウム2016 in 東京~廃炉の未来を担う~」(2016.08.04)

*******************************************

質問  第一七号(福島第一原子力発電所の廃炉作業)
答弁書 第一七号(福島第一原子力発電所の廃炉作業)

« 前の3件を表示|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|

文字のサイズ

文字サイズ・小 文字サイズ・中 文字サイズ・大