石上事務所+電機連合=『質問主意書2018夏』挑戦4度目・政策10種盛り~任期最後の残り10か月も全力で走ります!~

ishigamitoshio.com

*******************************************

第196回国会(通常国会)
『質問主意書2018夏』【まとめ版】

*******************************************

【今回、政府に提出した質問主意書10本の内容】

*******************************************

質問第一七四号『IoT・AI・ロボット等』
 (全24問)
質問第一七五号『エネルギー問題』
 (全13問)
質問第一七七号『人材育成・生産性向上』
 (全8問)
質問第一八三号『税制・経済連携』
 (全3問)
質問第一八四号『付加価値の適正循環』
 (全4問)
質問第一八五号『福島第一原子力発電所』
 (全4問)
質問第一九五号『ワーク・ライフ・バランス』
 (全23問)
質問第一九六号『均等・均衡処遇』
 (全9問)
質問第二一五号『いきいき働く』
 (全10問)
質問第二一六号『持続可能な社会保障制度』
 (全14問)

【合計112問】

*******************************************

【ごあいさつ】

 石上俊雄事務所では、3年前の2015年夏、独自企画で開始した、電機連合とのコラボレーション「石上事務所+電機連合=『質問主意書X(年)夏』」シリーズをこの夏も敢行し、安倍内閣に10本の質問主意書を提出しました(政策10種類、合計112問)。

 この取組は、2015年夏、2016年夏、2017年夏に引き続き、今年で4回目の挑戦です。政府からの(相変わらず)不十分な答弁内容には、今後も引き続き、国会内外の活動において継続的な働きかけを行っていく予定です。

 参議院議員の任期6年も、いよいよ、あと残すところ10ヵ月となりましたが、これまでと変わることなく、最後まで全速力で突き進んでまいります。皆様からの引き続きのご指導・ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


*******************************************

【過去3年間のふりかえり】

初回「2015年夏『質問主意書』」の紹介Web
ishigamitoshio.com


*******************

2回目の「2016年夏『質問主意書』」の紹介Web
ishigamitoshio.com

*******************

昨年3回目の「2017年夏『質問主意書』」の紹介Web
ishigamitoshio.com

*******************

 以下、今年の『質問主意書2018夏(サマー・バージョン)』と、対応する安倍内閣からの答弁書、石上としおHP・関連ページへの入口を用意しましたので、ご興味・ご関心のある方はどうぞ自由にご活用ください。



************************************************************
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
************************************************************

ishigamitoshio.com

************************************************************
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
************************************************************

【そして今年2018年夏の本編紹介】

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

***********************************************************

☆☆☆【No.1 質問主意書2018夏】☆☆☆

------------------------

「IoTやビッグデータ解析、人工知能、ロボット等の活用拡大による我が国電機産業の発展に関する質問主意書」(質問第一七四号)【石上事務所作成】

「答弁書第一七四号」(内閣総理大臣 安倍晋三)

------------------------

「質問-答弁(1)IoT・AI・ロボット等」の詳細ページへ
(※各質問と答弁を対照しながら読む場合はこちらから↑)

ishigamitoshio.com
(※全24問)

*******************************************

☆☆☆【No.2 質問主意書2018夏】☆☆☆

------------------------

「我が国が直面するエネルギー問題への対応に関する質問主意書」(質問第一七五号)【石上事務所作成】

「答弁書第一七五号」【内閣総理大臣 安倍晋三】

------------------------

「質問-答弁(2)エネルギー問題」の詳細ページへ
(※各質問と答弁を対照しながら読む場合はこちらから↑)

ishigamitoshio.com
(※全13問)

*******************************************

☆☆☆【No.3 質問主意書2018夏】☆☆☆

------------------------

>「我が国製造業を担う人材の確保・育成と生産性の向上に関する質問主意書」(質問第一七七号)【石上事務所作成】

>「答弁書第一七七号」【内閣総理大臣 安倍晋三】

------------------------

「質問-答弁(3)人材育成・生産性向上」の詳細ページへ
(※各質問と答弁を対照しながら読む場合はこちらから↑)

ishigamitoshio.com
(※全8問)


*******************************************

☆☆☆【No.4 質問主意書2018夏】☆☆☆

------------------------

「我が国製造業の事業環境改善に資する税制・経済連携に関する質問主意書」(質問第一八三号)【石上事務所作成】

「答弁書第一八三号」【内閣総理大臣 安倍晋三】

------------------------

「質問-答弁(4)税制・経済連携」の詳細ページへ
(※各質問と答弁を対照しながら読む場合はこちらから↑)

ishigamitoshio.com
(※全3問)


*******************************************

☆☆☆【No.5 質問主意書2018夏】☆☆☆

------------------------

「付加価値の適正循環に向けた環境整備に関する質問主意書」(質問第一八四号)【石上事務所作成】
「答弁書第一八四号」【内閣総理大臣 安倍晋三】

------------------------

「質問-答弁(5)付加価値の適正循環」の詳細ページへ
(※各質問と答弁を対照しながら読む場合はこちらから↑)

ishigamitoshio.com
(※全4問)


*******************************************

☆☆☆【No.6 質問主意書2018夏】☆☆☆

------------------------

「東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故対応の着実な推進に関する質問主意書」(質問第一八五号)【石上事務所作成】

「答弁書第一八五号」【内閣総理大臣 安倍晋三】

------------------------

「質問-答弁(6)福島第一原子力発電所」の詳細ページへ
(※各質問と答弁を対照しながら読む場合はこちらから↑)

ishigamitoshio.com
(※全4問)


*******************************************

☆☆☆【No.7 質問主意書2018夏】☆☆☆

------------------------

「ワーク・ライフ・バランス実現に向けた施策に関する質問主意書」(質問第一九五号)【石上事務所作成】

「答弁書第一九五号」【内閣総理大臣 安倍晋三】

------------------------

「質問-答弁(7)ワーク・ライフ・バランス」の詳細ページへ
(※各質問と答弁を対照しながら読む場合はこちらから↑)

ishigamitoshio.com
(※全23問)

*******************************************

☆☆☆【No.8 質問主意書2018夏】☆☆☆

------------------------

「全ての労働者の均等・均衡処遇の実現に関する質問主意書」(質問第一九六号)【石上事務所作成】

「答弁書第一九六号」【内閣総理大臣 安倍晋三】

------------------------

「質問-答弁(8)均等・均衡処遇」の詳細ページへ
(※各質問と答弁を対照しながら読む場合はこちらから↑)

ishigamitoshio.com
(※全9問)

*******************************************

☆☆☆【No.9 質問主意書2018夏】☆☆☆

------------------------

「誰もがいきいきと働けるための環境整備に関する質問主意書」(質問二一五号)【石上事務所作成】

「答弁書第二一五号」【内閣総理大臣 安倍晋三】

------------------------

「質問-答弁(9)いきいき働く」の詳細ページへ
(※各質問と答弁を対照しながら読む場合はこちらから↑)

ishigamitoshio.com
(※全10問)

*******************************************

☆☆☆【No.10 質問主意書2018夏】☆☆☆

------------------------

「持続可能な社会保障制度の確立に関する質問主意書」(質問第二一六号)【石上事務所作成】

「答弁書第二一六号」【内閣総理大臣 安倍晋三】

------------------------

「質問-答弁(10)持続可能な社会保障制度」の詳細ページへ
(※各質問と答弁を対照しながら読む場合はこちらから↑)

ishigamitoshio.com
(※全14問)


*******************************************


【政府が回答してきた答弁書の内容】

答弁書第一七四号『IoT・AI・ロボット等』

答弁書第一七五号『エネルギー関連』

答弁書第一七七号『人材育成・生産性向上』

答弁書第一八三号『税制・経済連携』

答弁書第一八四号『付加価値の適正循環』

答弁書第一八五号『福島第一原子力発電所』

答弁書第一九五号『ワーク・ライフ・バランス』

答弁書第一九六号『均等・均衡処遇』

答弁書第二一五号『いきいき働く』

答弁書第二一六号『持続可能な社会保障制度』


*********************

ishigamitoshio.com

*********************

ishigamitoshio.com

*********************

以上

【続報】北海道胆振東部地震(電力は全面復旧が11月以降になる見通し)

【続報】北海道胆振東部地震

『電力は全面復旧が11月以降になる見通し』

*****************************

■北海道最大の火力発電所「苫東厚真(とまとう・あつま)発電所(厚真町、165万kw)」の地震による損傷個所

ishigamitoshio.com

*****************************

ishigamitoshio.com

北海道電力株式会社「北海道胆振東部地震により被害を受けた苫東厚真発電所の点検結果と復旧見通しについて」(2018.09.11)

*****************************

ishigamitoshio.com

*****************************

ishigamitoshio.com

*****************************

ishigamitoshio.com

■むかわ町中心部(国民民主党国会対策委員会)

ishigamitoshio.com

■厚真町吉野地区の土砂崩れ現場(同上)

*****************************

 9/10(月)、「平成30年北海道胆振東部地震」野党合同対策会議が開催され、関係府省庁より資料説明がありましたので、資料提供させて頂きます。

 また、国民民主党では政府に対して、今後の余震等も含め、まずは人命第一の方針の下に、救命・救助活動・電力の復旧・情報収集等に全力であたって頂きたい旨、以下の通りに、管官房長官に緊急申し入れしております。

***************

国民民主党「緊急申入れ」

1.北海道全域で停電が発生したため、あらゆる情報の入手が困難になっており、不安が高まっている。迅速に正確で必要な情報が現地に届くよう最大限の努力を行うこと。

2.全道的な電力の復旧に少なくとも1週間かかる見込みであり(9/12(水)現在、電力の全面復旧は11月以降になる見通しが判明)、道民の生活に相当な支障が予測されることから、道民のライフラインの維持、必要な支援について万全の対策をとること。

ishigamitoshio.com

***************

3.情報を発信する際は、政府ホームページやSNSのみではなく、スマートフォンなどを利用していない、高齢者等の情報弱者に的確に情報が伝わるよう、ラジオ・防災無線・市町村の広報車等からの情報提供を行うこと。

4.特に、ライフラインに関連する身近な情報が必要な被災者に正確かつ迅速に伝わるよう最大限努力すること。

5.緊急支援物資については、高齢者や障がい者等の生活弱者に滞りなく届くよう対策をとること。また、長時間並ぶことが困難な方々や、買い物弱者の方々について十分に配慮すること。

6.また、ペットなどと一緒に避難したい方等、動物等の安全にも配慮すること。

***************

 以上、発災当初の緊急な項目について、まずは要請するとともに、今後とも被災住民および自治体の要望をきめ細かく、正確に把握し、それらに対して速やかに対応されたい。

*****************************

<関係府省庁配付資料>

内閣府「平成30年北海道胆振東部地震に係る被害状況について」(H30.9.10 9時00分現在)

総務省「平成30年北海道胆振東部地震による被害状況等について」(H30.9.10 8時00分現在)

文部科学省「平成30年北海道胆振東部地震による被害情報」(H30.9.10)

厚生労働省「平成30年北海道胆振東部地震について」(H30.9.10 8時00分現在)

農林水産省「平成30年北海道胆振東部地震による被害状況等について」(H30.9.10 10時00分現在)

経済産業省「北海道電力管内における電力需給の状況について」(H30.9.10)

経済産業省「北海道胆振地方中東部を震源とする地震の被害・対応状況について」(H30.9.10)

経済産業省中小企業庁「平成30年北海道胆振東部地震に係る災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行います」(H30.9.6)

国土交通省「平成30年北海道胆振東部地震による被害状況等について」(H30.9.10 7時00分時点)

環境省「北海道胆振東部地震を受けた災害廃棄物・ペット等への対応状況」(2018年9月10日 11:30現在)

防衛省「平成30年北海道胆振東部地震に係る防衛省・自衛隊の対応について」(H30.9.10)

金融庁「北海道胆振地方中東部を震源とする地震(最大震度7)に関する対応等について」(H30.9.10 9;00現在)

原子力規制庁「平成30年北海道胆振中部地震に係る原子力関連施設及びモニタリングポストの状況」(H30.9.10)

消防庁災害対策本部「平成30年北海道胆振東部地震による被害及び消防機関等の対応状況」(H30.9.10 12時00分)

気象庁「平成30年北海道胆振東部地震について」(H30.9.10 11時00分時点)

ishigamitoshio.com

*******************************************

ishigamitoshio.com

*****************************

ishigamitoshio.com

*****************************

以上

【臨時党大会】代表選挙ご報告『玉木雄一郎(衆)新代表』

【国民民主党代表選挙】

ishigamitoshio.com

 新代表を選出する国民民主党の臨時党大会が昨日9月4日(火)、都内の都市センターホテルで開催され、津村啓介(つむら・けいすけ)衆議院議員、玉木雄一郎(たまき・ゆういちろう)衆議院議員の両候補(届け出順)が決意表明を行い、支持を訴えました。

****************************

【決意表明の要旨】

■津村啓介候補
 国民民主党は何を目指す政党なのか。私は国民民主党を王道の政治を行うオープンな社会を目指す政党として位置付けたい。社会が求める新しい価値観を提示し、価値観の力で国民を束ねる王道の政治に位置付けていきたい。そして安倍政権と厳しく対峙し真っ向から対決したい。私たちのライバルは自民党だ。どんなに長くともあと3年で安倍政権は終わりを迎える。その次の政権を担う気概をもって国民民主党を野党の中心に位置付けていきたい。

 それには政権獲得後直ちに行う政策のパッケージが必要で、それを提示できるのは国民民主党しかないと断言する。最初にやることは、アベノミクスへの具体的で現実的な対案を示すことだ。アベノミクスのシンボルであるマイナス金利政策は、多くの生活者の資産運用をマイナスにおとしめている。これがアベノミクスの本質であり、多くの国民の犠牲の上に今の株価は成り立っている。私は野党各党と協力し政権獲得後、2週間で政府と日銀の政策協定を放棄し、マイナス金利政策を転換してプラス金利の世界を取り戻す。

**************

■玉木雄一郎候補
 私たち国民民主党は、議員の質では間違いなくナンバーワンの政党だ。魅力的で実現可能な政策も提案してきた。それでも支持率が上がらないのはなぜか。それは「何をする政党なのか」を明確に国民に伝えられていないからだ。私たちは何を目指す政党なのか、政治家としての原点に立ち戻り、国民に真っ直ぐ伝えたい。政策を細かく語るより、この党の原点を表す言葉を伝えたい、それは「改革」だ。この党は、普通の人の暮らしを良くしようと結党した政党だ。私はその先頭に立って、「国民のための改革」に取り組む。

 また、この党を、党内で自由にものが言える政党にしていきたい。私たちが目指す社会と同じ、フラットでオープンな政党を作ろう。そして代表の最大の仕事は、選挙で仲間を当選させること。来年の統一地方自治体選挙、参院選で仲間を全員当選させるために、選挙区調整や他党、他の会派との協力にも積極的に取り組む。選挙と国会は一枚岩で臨む。

*******************************************

ishigamitoshio.com

****************************

【代表選挙投開票】

ishigamitoshio.com
(投票の様子@国会近くの「都市センターホテル」)

<選挙のポイント配分>
(1)国会議員62名(各2ポイント=124ポイント)
(2)衆参公認候補18名(各1ポイント=18ポイント)
(3)党員・サポータ(計71ポイント)
(4)地方議員(計71ポイント)        
※合計284ポイント

**************

【投票結果】

ishigamitoshio.com
「国民民主党代表選投票結果」(2018.09.04)


■津村候補:国会議員18票(36ポイント)+国政選挙の公認候補予定者票2票(2ポイント)+党員・サポーター票5457票(16ポイント)+地方自治体議員票157票(20ポイント)=合計74ポイント

■玉木候補 国会議員41票(82ポイント)+国政選挙の公認候補予定者票16票(16ポイント)+党員・サポーター票17793票(55ポイント)+地方自治体議員票407票(51ポイント)=合計204ポイント

 投開票の結果、玉木雄一郎候補が新代表に選出されました。

ishigamitoshio.com

■「玉木雄一郎」(衆)新代表

************** 

 選出された玉木雄一郎・新代表は、就任のあいさつに立ち、「代表選挙の中でガチンコの政策議論を行う中で、国民の皆さんに伝わったことも多かったと思う。その意味では、この戦いをともに進めた戦友である津村啓介さんにあらためて感謝を申し上げたい」と代表選で政策を伝えることができたと振り返り、相手の津村候補に感謝を述べました。

 共同代表として党運営を行ってきた大塚耕平・元共同代表については、「自治体議員や地方組織の皆さんに、ともに仲間なんだという思いで十分な配慮と仲間意識を醸成するための努力をされてきた。地域を地方を大切にする大塚代表がこれまで育んできたこの大きな方針は、しっかりと受け継ぎ拡充・拡大させていきたい。そのことをあらためてお誓い申し上げたい」と話しました。

 玉木・新代表は、「どんな組織にも困難があり、困難を乗り越えていくのは強い意志とチームワークだ」と主張したうえで、「私たちが置かれている環境は大変厳しいものがある。今日から力を合わせて、全力で党勢の拡大そして、私たちがこの国の政治には必要なんだ、そのことを国民の皆さんにしっかりと訴えていきたい。私たちはできる。なぜなら、いろんなことを皆さんも言われてここに来たと思う。でも、私は信じている。私たちが最も筋を通した人たちの集まりだと。だからこそ、力を合わせて国民のための政治をともに作っていこうではないか。その先頭に立って全力で取り組む」と決意を表明しました。

**************

国民民主党・玉木雄一郎(衆)新代表就任記者会見(37分24秒)(2018年9月4日)

*******************************************

ishigamitoshio.com

*******************************************

ishigamitoshio.com

*******************************************

ishigamitoshio.com

**************

以上


  • 1

Copyright (c) Toshio Ishigami All rights reserved.